HOME > 過去のグループ研究成果

過去のグループ研究成果

2009年度成果

グループ1
「活動空間の観点から見た新型インフルエンザの感染リスク評価」
報告書
最終発表会スライド
グループ2
「筑波大学における自動体外式除細動器(AED)の状況評価と改善の検討」
報告書
最終発表会スライド
グループ3
「新エネルギー普及に係る制度上の制約とその解決策」
報告書
最終発表会スライド
グループ4
「人々の関心度推移モデルの構築」
報告書
最終発表会スライド
グループ5
「リスクコミュニケーションによる救急車選択行動の変化について」
報告書
最終発表会スライド
グループ6
「情動的情報と客観的情報が人々のリスク判断に与える影響」
報告書
最終発表会スライド
グループ7
「新型インフルエンザに対する意識の変化と対策の妥当性の分析」
報告書
最終発表会スライド
グループ8
「本学における喫煙の非健康影響に関するリスク」
報告書
最終発表会スライド
グループ9
「製品安全に対する各社の対策の調査」
報告書
最終発表会スライド
グループ10
「高速道路への完全自動運転導入によるリスク低減効果の分析」
報告書
最終発表会スライド