HOME> リスク工学研究会(RERM)

リスク工学研究会(Risk Engineering Research Meeting:RERM)

趣旨

近年,個人・企業等の自然災害のリスクおよび社会リスクに対する関心は高くなってきている. 地球規模での高度情報化が進み,社会システムも複雑化する一方で,ひとつの事象を限定的な分野内で把握し,問題点を解決することは年々難しくなっている. リスク評価の難しさは,社会の複雑化と密接に関連しており,リスクに対する関心の高まりは,昨今の複雑かつグローバルな社会事象を反映していると思われる. そのような背景の中で,電子情報,機能工学,社会工学という「リスク」をキーワードとして集まった,異なる分野の研究者により構成されるリスク工学専攻には,これらのニーズに応えるポテンシャルがあると考えられる. しかし,そのためには抽象的なレベルでの議論ではなく,具体的な構想を練らねばならない. それには次の二点が必要であると考える. ひとつは,各構成員がリスク工学に適した研究をしっかりと進めていくことであり, もうひとつはこれらの各研究を可能な範囲で連携していきリスク工学専攻内での共同研究プロジェクトとして立ち上げることである. それらが集まった時に自ずとリスク工学専攻としてのユニークな将来構想が見えてくる.

2018年度開催RERM

第167回リスク工学研究会
講演日時 2018年5月21日(月)15:15〜16:15
場所 筑波大学総合研究棟B-0110公開講義室
講演者 面 和成 氏 (本学システム情報系 准教授:リスク工学専攻担当)
講演題目 暗号通貨のセキュリティ
講演概要 ビットコインをはじめとする暗号通貨(仮想通貨)が注目を集めている。特にビットコインは、パブリックブロックチェーン技術が最も有効に適用された一例であり、P2Pネットワークを用いた分散型通貨である。一方、2018年1月26日にはコインチェック社における仮想通貨NEMの流出事件が発生して約580億円分のXEMが流出した。これによって、暗号通貨への不信感や不安が大きくなったと言われている。本講演では、暗号通貨が安全であるのかという問いに答えるべく、暗号通貨とはどういうものなのか、どういう技術を用いているのか、どういうところに安全性の課題があるのかについて概説する。
企画担当・司会 古川 宏(システム情報系 准教授:リスク工学専攻担当)
問い合わせ先 2018年度RERM担当 古川 宏(furukawa"at"risk.tsukuba.ac.jp)

第166回リスク工学研究会
講演日時 2018年4月12日(木)17:00〜18:00
場所 筑波大学総合研究棟B-0110公開講義室
講演者 Mario Arturo Ruiz Estrada 氏 (マレーシア・マラヤ大学)
・マレーシア・マラヤ大学社会安全研究センター上級特別研究員,Ph.D in Economics
・Econographicology, Econographicationを提唱。
講演題目 1)”Hydrological Hazard Assessment: The 2014-15 Malaysia floods”
2)”A New Model to Evaluate the Economic Effects of Floods and Its Application in China”
講演概要 1)”Hydrological hazard assessment: The 2014-15 Malaysia floods” This paper intends to establish conceptual foundations on the identification of standards and metrics for assessing the impact of hydrological hazards. The economic evaluation of flood damage cost model (EFDC-Model) attempts to estimate the impact of water occurrence, movement, and distribution on GNP growth. The model is based on seven basic indicators: (i) the national precipitation growth rate (ΔPi); (ii) the main factors which generate large precipitation (ΔLi); (iii) the sinking magnitudes levels rate (ST); (iv) the national floods recurrence rate (FT); (v) the floods devastation rate (Dk); (vi) the economic desgrowth from floods devastation rate (-δf); and (vii) the floods damage surface. The model investigates the recent floods in the Malaysian states of Kelantan and Terengganu for the period 2014-2015.

2)”A New Model to Evaluate the Economic Effects of Floods and Its Application in China” We set forth the macroeconomics evaluation of floods (MEF) model, a new model to assess and evaluate the impact of floods on GNP growth. This model points to a new, more concrete approach to measure the economic impact of floods. Up to now, the measurement has been subject to a great deal of uncertainty. The main contribution of the model is to significantly reduce this uncertainty by measuring the impact with four well-defined, economically intuitive indicators. To illuminate and demonstrate its promise, we employ the model to evaluate and analyze the impact of two major floods on the economy of the People’s Republic of China. Our MEF-Model analysis indicates that the floods of Zhangshu and Jiangxi in 2010 caused greater economic damage than the floods of Central South China in 1931. Going forward, MEF-Model simulations are a valuable tool for estimating the effect of potential future floods in the PRC and elsewhere.
企画担当・司会 梅本 通孝(システム情報系 准教授:リスク工学専攻担当)
問い合わせ先 2018年度RERM担当 古川 宏(furukawa"at"risk.tsukuba.ac.jp)

過去のRERM

2017年度開催RERM   2016年度開催RERM   2015年度開催RERM   2014年度開催RERM
2013年度開催RERM   2012年度開催RERM   2011年度開催RERM   2010年度開催RERM